ヘアカラーやパーマでAGAを発症するというのはナンセンス

よくヘアカラーやパーマをAGA発症と結びつける人がいますが、それでAGAを発症するなどというのはナンセンスです。
現在明らかになっている研究結果によると、AGAという病気はテストステロンより強いジヒドロテストステロンという男性ホルモンが原因だからです。

 

もっとも、パーマ液や乾燥の熱、ヘアカラーなどがまったく負担にならないかといったらそうではないので、男性ホルモンとは別の脱毛要因にはなり得るでしょう。
なるべく刺激を低減するために、家で染めているのであれば温度管理や時間、すすぎなどに従来以上に配慮して行うほうが良いでしょう。

 

育毛を意識しながら入浴することで、毎日の入浴は薄毛や抜け毛の進行といったAGAの状態改善に良い効果をもたらします。
頭皮や頭髪の健康を維持するために血流の活性化は重要なことですので、毎日シャワーで簡単に終わらせるのではなく、バスタブでの入浴を増やすことでより良い効果が得られるようになります。

 

例えば頭皮の血流が良くなるよう、お風呂の中でスカルプマッサージをするのも良いでしょう。
ストレスが心身に及ぶと抜け毛がじわじわと、あるいは一気に現れることがあります。
頭の一部分だけに丸い抜け毛が発生する円形脱毛症もストレス性のものであることが少なくありません。

 

それから頭頂部や生え際が薄くなるAGAの発症もやはりストレスがきっかけであることが多いです。
一般に人は危険やストレスを感じると合成されるホルモンの割合に変化が生じます。
AGAの症状が出る要因として男性ホルモンの存在は大きいので、ストレスと結びつけて考えることは間違いではないのです。

 

薬剤師がいれば街のドラッグストアなどでもミノキシジル配合のAGA治療薬を買うことはできますが、そのような薬よりも医師から処方される薬のほうが薬効が高いですし、診察して処方箋を貰わないとフィナステリドの含まれたプロペシアなどは購入できません。

 

AGAに特化した専門のクリニックも最近ではかなり増えてきました。
ふつうの病院でも内科や皮膚科などでAGA治療を受けられる場合がありますから、兆候に気づいたら早めにクリニックに行って診てもらいましょう。
自己判断と違って時間とお金を浪費しないで済みます。

 

いちいち病院でAGAの薬の処方を受けるのではなしに、もっと安く薬を入手したければ、自分で海外から個人輸入で買うというやりかたもあります。
通院すれば診察代や検査料などもばかになりませんが、病院に行かないのでコストダウンできるというわけです。

 

そうはいっても注文は英語ですから自力での個人輸入は難しそうだと感じたら、代わりに手続きをしてくれる業者は近頃増えていますし、最初はそこに頼むというのも手です。

 

毛が生えてから成長し、退行から脱毛に至るまでを一般的にヘアサイクルと呼びます。
非AGAの人の場合、生えた毛が最も勢い良く伸びる成長期が男性で4年、女性では数年あり、伸びる速度に陰りが出てくる退行期、毛包が休止して(休止期)髪が伸びなくなるところで1サイクルです。

 

けれどもAGAの症状が出ている状態では毛周期に異常が生じて、一番長いはずの成長期が短縮されるので数年は保持されるはずの髪の多くが成長を止めて抜け落ちるため、髪が薄くなっていくのです。

 

抜け毛が多いからといって、すぐさまAGAだと自己判断するのはよくないです。
多少の個人差はあるものの、季節と季節の合間に髪が通常よりたくさん抜けるというのは人間であれば普通のことです。

 

特に夏の暑さが落ち着いてくる9月頃になると、毛が抜ける人が多いようです。
人種の差もありますが成人男性の場合、シーズンの影響を受けなくてもだいたい数十から100本もの毛が一日のうちに抜けます。

 

治療のためにクリニックに通いながら、家庭でもできるAGA対策もないわけではありません。
たとえば今までのライフスタイルを改善することにつきます。
育毛効果が高いとされるビタミンやタンパク質、亜鉛やミネラル分などを含んだ食品をバランスよくとることです。

 

血行の改善を促すために禁煙するか、でなければニコチンの少ないものにするなど工夫し、スカルプマッサージをするなど、できることから取り入れていきましょう。
過剰な脱毛や薄毛などAGAの症状を引き起こす要因というと、遺伝的な要素も強いですが、DHTのような男性ホルモンによる影響も大きいです。
睡眠不足や食生活の乱れ、精神的要因も指摘されています。

 

しかしながらこれまで発生機序がはっきり判明しているところというと、体内で合成される男性ホルモンの作用のみです。
一般的な男性ホルモンであるテストステロンが強い作用をもたらすジヒドロテストステロンになり、発毛や髪の成長をその男性ホルモンが抑えてしまうため、症状が進行するのが解っています。

 

毛穴に皮脂や古い角質が詰まったままだと、抜け毛が多くなりますし、残った毛根からの発毛も阻害されます。
頭皮の清潔を保持することは育毛の基礎ですし、もしAGA治療を行うのであればそれを補うように洗髪方法を見直したり頭皮クレンジングを定期的にしてみたりと自分で頭皮の健康を維持していくことも重要です。

 

地肌のクレンジング専用のシャンプーなどもありますし、メイク落としに女性がクレンジングオイルを使うのと同様、余分な脂を落とせるオイルクレンジングなどを取り入れてみるのも良いかもしれません。

関連ページ

AGAの薬の海外の業者から自分で直接購入するという方法も
いちいち病院でAGAの薬の処方を受けるのではなしに、もっと割安な価格入手するには、海外の業者から自分で直接購入するという方法もないわけではありません。
たかが抜け毛だからといって
たかが抜け毛だからといって進行性の脱毛症であるAGAをあまり長らく様子見をしていると、症状はだんだん進行していきます。
炭酸水を使って洗髪すると
ただの水ではなく炭酸水を使って洗髪すると、すっきりして心地よいのに加えて、育毛にもメリットをもたらします。
もともとAGAの治療は保険適用外
もともとAGAの治療は保険適用外ですから、治療費も通うクリニックによって差があるのが普通です。
アロマオイルの中には髪の悩みに効くオイルがたくさんある
意外に思われるかもしれませんが、アロマオイルの中には、髪の悩みに効くオイルがたくさんあるのです。
身体の調子が悪い時には育毛ケアの効果も落ちる
育毛剤を使用したりクリニックに通ったりしてケアをしたとしても、もし、髪の毛の基礎である身体の調子が悪い時にはケアの効果も落ちてしまいます。
簡単に頭皮を温めて毛穴を開かせる為には
簡単に頭皮を温めて毛穴を開かせる為には、ホットタオルを使って温める方法がオススメです。
悩みに合ったオイルを複数使って
一般的に、リラックス目的でアロマオイルを使う方が多いのですが、実は、育毛治療にも役立つオイルもたくさんの種類があるのです。
弱く傷んだ髪質を変えるためには
病気で食事がとれない時に髪が傷む事からも分かるように、弱く傷んだ髪質を変えるためには栄養バランスの良い食事を摂取しましょう。